富山日伯交流友の会

富山県高岡市を中心に活動している「富山日伯交流友の会」です。日本とブラジルの交流とボランティア活動をしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 8月のミーティングを欠席し、ブログも夏休み・・・? (^^ゞ
久しぶりの「管理人のひとりごと」です。


 夜、月に一度のミーティングがありました。
秋以降の活動について意見を交換しました。


 まず9月26日(日)、高橋高岡市長と語り合う『ふれあいトーク』が開催されます。
趣旨は、各種団体としての「友の会との交流・意見交換」です。
市長は就任後、自ら各地区に出向き、住民と直接対話する『わがまちトーク』を
開催していらっしゃいます。
精力的に市民と交流して頂き、生の声を聞いて下さる機会は、市民にとってチャンスです。
高橋市長 HP ←ご覧ください)

今回は、友の会とアレッセの主な活動内容を紹介し、活動を通じて見えてくる日系ブラジル人が
抱えている不安や疑問、要望などを木口会長が高橋市長に伝え、意見交換するスタイルになります。
高岡市のホームページ、市の広報、生活ガイドブック、各種書類の一部は
ポルトガル語に翻訳されていて、「日系ブラジル人には生活しやすくなってきている」と
木口会長が言っていましたが、友の会が日系ブラジル人の生の声を伝える事は、
日本人と日系ブラジル人が共に生きる喜びを分かちあえる、安全で暮らしやすい地域づくり、
より良い「共生」社会をめざして活動している私たちの使命かな~と思います。

まさに『かけ橋』です。 

有意義な『ふれあいトーク』となるよう、最後の準備をしています。
当日の様子は、またご報告しますね。


                                         

 
 暑かった夏が過ぎ、過ごしやすくなってきました。
秋はイベント等の参加で活動も活発になりそうです。
少しずつメンバーも増え、友の会の層も厚くなってきました。頼もしい! 
日本人と日系ブラジル人が共に喜びを分かち合えるような、実りの秋を迎えたいですね。

                                         by 管理人 take

*追伸
 ブログの形態をリニューアルしました。
 今後ともよろしくお願いします。








 今日、月に一度のミーティングがありました。
今月は珍しくお昼の時間帯・・・

“ミーティング&シュラスコ de スタミナパーティー”

「暑い夏を元気に過ごせるように!」と、ランチを兼ねたミーティングになりました。
会場は高岡市駅南のコラサン・ド・ブラジル
オーナーは日系ブラジル人で友の会の副会長。いつも笑顔が素敵です。

シュラスコ

DVC00004.jpg


ブラジルのバーバキューです。
串に刺して焼いたお肉をテーブルの上で食べやすい大きさに切り分けてくれます。
そのお肉をつまみ、自分のお皿へ運びます。
いろんなお肉が次から次へと運ばれてくるので、食べるのも忙しいですが、
いつもの硬いミーティングとは違い、和やかなひと時でした。



DVC00001_20100720225952.jpg
(スイーツも!) 




 さて、ミーティングですが、お知らせがあります。
子どもの教育問題にも取り組んでいる友の会ですが、友の会のメンバーが中心となって
「高岡外国人の子どものことばと学力を考える会」が誕生しました。
略称は「ALECE高岡」
「アレッセ高岡」と覚えて下さい。


外国籍の子どもたちの中には、日本で教育を受けるための日本語能力(学習言語)が身についておらず、
中学校の段階での不登校や中退になるケースが多いのです。
アレッセ高岡は、日本と自国の2つの国の懸け橋となる可能性を秘めた子どもたちのために学習教室を開き、
学習言語および各教科の学習支援を行うことで、それぞれの希望する高校への進学をサポートします。
(5月から学習教室を開講しています)

 8月1日(日)高校進学説明会を開催します。 

    *高校を卒業しないとそうして困るの?
    *調査書(内申書)って何?試験の点数が良ければいいんじゃないの?
    *授業料がタダになったと聞いたけど、何も払わなくていいの?
    *私立と公立はどう違うの? etc・・・

  いろんな質問にお応えし、子どもたちの未来のために、正確な情報を提供します。
  会費は無料です。お気軽にお越しください。

  日時:8月1日(日)午前10:00~11:30
  場所:コラサン・ド・ブラジル
  主催:ALECE高岡(高校進学プロジェクト)


 友の会は「アレッセ高岡」に協力しています。 これからも友の会の活動同様、ご報告しますね。


熱い暑い夏です。プールや海・立山登山・花火・アイスクリーム !
小さいころの夏休みを思い出しますね~。
皆さんも、絵日記に書けるような、楽しい思い出を作りましょう。






 夜、月に1度のミーティングがありました。
今日も、今後の活動方針と具体的な活動内容について意見を交わしました。


 雇用問題が落ち着きを取り戻しつつある今、今後の課題は「子どもの教育」です。
日系ブラジル人の多くが言葉の壁に悩んでいます。
学校に行っても「学習言語」がわからず授業について行けない子どもたちが多くいます。
次世代を担い、日本とブラジルの懸け橋となる可能性を秘めた子どもたちを大きく育てるために、
皆さんとその課題を解決できるよう取組んで行きましょう。


                                                         


 あと、お知らせがあります。
富山日伯交流友の会は、財団法人とやま国際センター(TIC)より、
平成22年度「草の根国際活動助成金」を頂きました。

*TICからの助成とは・・・ 
県内で国際交流・協力活動および多文化共生活動を実施している民間の非営利団体・グループで
県内に事務所、または活動拠点を有する団体等が主催する事業に対し助成して頂けます。

*財団法人とやま国際センターの概要を簡単に・・・
財団法人とやま国際センター(TIC)は、民間レベルでの国際交流を推進するため、県内各層の協力を得て
昭和59年に設立された公益法人です。
国際交流推進の中核的機関として国際交流・協力事業を県、市町村並びに関係機関と提携して推進しています。
また、平成7年3月に「特定公益増進法人」の認定を受けました。
TICは、人を思いやる心、自分たちの文化を大切にし、異なった文化を敬う心が国際交流・協力の原点だと
考えています。


友の会の活動が各方面に広がり、認めて頂けたと感謝しています。
今まで以上にしっかりと活動していかなければいけなせん。
気が引き締まる思いですが、「草の根」のごとく、しっかりと確実に「根っこの活動」を
今後も続けていきたいと思っています。   


                                           by 管理人 take




 夜、月に1度のミーティングがありました。
「お久しぶりです」「はじめまして」とミーティングに参加してくれたメンバーが増え、とても活気がありました。

 先月と同様ですが、今年に入り日系ブラジル人への求人が増え、雇用状況も上向き傾向になってきました。
しかし、雇用期間は「短期」
理由は、企業側も今後の見通しが立たないから・・・
景気低迷で「長期」の雇用が無いのが不安ですが、食料支援等で見守っていた家族から
「働き口が見つかった」との報告があるたび、ひとまず「幸い」と素直に喜んでいます。
ミーティングでは、日系ブラジル人の支援を軸に「22年度の活動方針」を確認しました。
「私たちだから出来ること」の輪を広げていきたいと思っています。



                   DVC00008_20100525160449.jpg


             DVC00007.jpg



 高岡市から、「高岡市暮らしの実用ガイドブック」が発刊されました。
生活に役立つ情報がポルトガル語&日本語で分かりやすく解説されています。
私たちが読んでも役立つ情報も多くて、感心してしまいました。
(公的施設等でご覧頂くことができます。日系ブラジル人の方へは無料配布されると聞いています。)

このガイドブックの編集&翻訳に、我らが友の会の会長が携わりました。
会長は日系ブラジル人で、高岡市在住歴18年です。
もしかしたら、私より日本人的なHeartを持っているかも・・・
いつも「よりよい共生社会」のこと考えています。 

 ガイドブック、市内在住の日系ブラジル人も日本人も、おススメの一冊です。


                                      by 管理人 take
 
 夜、友の会のミーティングがありました。

4月は新年度のスタートです。
友の会も「総会」でした。
ボランティア団体ですが、しっかりとやってます。
チャリティー事業での収支報告や皆様からの善意で頂いた寄付金の用途、
22年度の事業案も・・・盛りだくさんでした。

 木口会長からは「日系ブラジル人の雇用状況も上向き傾向にある」と報告がありました。
まだ楽観は出来ないそうですが、企業には人材が不足しているようで、
短期だけれど雇用が出てきているそうです。
上向き傾向の影響か?友の会の食料支援を希望する日系ブラジル人も減ってきました。
これはとっても嬉しい好影響です。
今後は毎月開催していた食料品および生活用品の公開無料配布を一時停止し、
要望があった時に適宜配布する事にしました。


                               


 会の発足から1年以上が経過し、長く続けていくためには、「熱意と+α」が必要なのだと思いました。
+α・・・いかに組織力を厚くしていくか!(個人的意見ですが・・・)
一人では出来ないこともグループだと出来ることがあります。
友の会には、自分の得意分野を生かし、ネットワークをフル活用してくれているメンバーがたくさんいます。
力強い! 
その中でも、22年度の友の会は、教育にも力を入れていきます。 

今後とも、皆様のご支援とご協力をお願いします。

                                            by  管理人 take
 
 夜、定例会議がありました。
ブラジル人の現状については、少しずつですが仕事が増えてきているそうですが、生活はまだまだ厳しい様子。
やはり、異国で生活するためには、習慣の違いや言葉を理解し、コミュニケーションを図らなくては行けません。
ブラジル人が孤立しないよう、長く高岡に住んで頂けるように、私たちができる支援をより良いものにしていこうと
子どもたちの教育問題や雇用問題などについて話し合っています。

 そして、うれしい報告もありました。
以前、友の会の食料支援を受けた高岡市在住の家族から食料をいただきました。
ご夫婦共に失業して生活に困っていたそうですが、「2ヶ月前に就職が決まり、安定してきた」と、
連絡がありました。
友の会の活動に対し、「量は少ないが恩返しをしたい」と・・・
心が熱くなりました。
いろんな想いがあり、とっても深いです。
そして、感謝ですね・・・


 私たちが目指すのは、支援のなかから自立です。


 友の会の活動から、小さなかわいい花が咲こうとしています。
これからも、たくさんの花が咲きますように!と、友の会は活動の輪を広げていきます。



     外も桜の便りが聞かれます。まさしく春の訪れです。





 
 昨日の北日本新聞、読んでいただけましたか? 
「友の会」の活動を大きく取り上げて頂くことができました。
北日本新聞で毎月1日に連載されている、シリーズ「虹」。 大谷製鉄株式会社の提供です。

 シリーズ「虹」は、人を思いやる気持ち、感謝の心など、かつて多くの日本人にあった価値観に
スポットをあてたいと思っています。虹のような心の架け橋となっている話題を発掘していきます。
(大谷製鉄株式会社HPより抜粋)


 今回は友の会の活動にスポットを当てて頂きました。
読み終え・・・感動の涙が止まりませんでした。
自分たちの活動を大きく取り上げて頂けたことはもちろん嬉しいことです。
それ以上に、支え合いながら生きる意味を知り、人のつながりの大切さと、仲間と幸せを分かち合うことの
できる喜びを「友の会」が私に教えてくれている・・・と改めて思ったからです。

 木口会長も言っていましたが、人という漢字は一人が一人を支えています。
普段、何気なく過ごしていますが、いろんな方に支えられています。
今の自分があるのは支えてくれる人がいてくれたから。
両親、家族、友人、お世話になっている方々・・・
つらくて落ち込んでいる時は励まし、嬉しい時は一緒に喜んでくれ、泣きたい時は一緒に泣いてくれる・・・
すごくつらい時も乗り越えてこられたのは「支えてくれた人」がいてくれたお陰です。本当に感謝しています。
 
・・・大切な人を支えていくことのできる「人」
「友の会」という名のもとに集まるメンバーと、木口会長の思いがひとつになり、日系ブラジル人の方を支える
お手伝いをさせていただいています。
大切な人を支え、そして支えられ、共に生きる・・・人は、ひとりぼっちでは生きていけないんですね。


                                              



 追伸:良い報告がありますのでお知らせします。
     第24回日本海高岡なべ祭りで、鍋の人気投票がありました。
     なんと我々「友の会」のブラジル風トマトチキンスープは第3位だったそうです。
     1位はなんといっても日本人の好きな「豚汁」
     2位はベトナムの麺「フォー」、
     そして1票差で「トマトチキンスープ」だったそうです。


                                                by 管理人 take



   夜、ミーティングと第8回公開配布会がありました。
  先週のなべ祭りの報告、ポルトガル語のミニ新聞、今後の食糧品等無料配布の事などについて
  話し合いました。
  なべ祭りの「ブラジル風トマトチキンスープ」は皆さまにご好評を頂き、「来年も継続して行こう」と
  前向きに検討することになりました。

   食糧支援の件では、とっても嬉しいニュースがありました。
  日系ブラジル人の方で養鶏場にお勤めのSさん、「自分が協力できることは何でもするよ!」と
  前回提供して頂いた「たまご」。今回は、その「養鶏場のオーナー様」から、
  「たまご160個」を提供して頂きました。
  もちろん産まれたての「新鮮なたまご」です。今後も提供して頂けることになりました。


      友の会一同、心より御礼申し上げます。



    また、「フードバンクとやま」さんと出逢いがあり、
   今後、友の会に協力して頂けそうです。本当にありがたく思います。
   (フードバンクとやま・・・詳細はリンクページをご覧ください)


         たまご           ひよこ           ひよこ


    友の会結成から1年。富山日伯交流友の会は、「幸せ」という小さい種をまきました。
   芽が出て膨らんで、乗り越えた先に見えてくるものを、共に喜びと感じられるように、
   活動しています。小さな活動の種まきは少しずつ芽が出はじめていると実感しています。
   
   日系ブラジル人の方も日本人も、新しい芽が伸びる春に向けて、寒い冬を乗り切りましょう。



                                       by 管理人 take




   
    富山日伯交流友の会は、1月9日・10日に開催された「第24回 日本海高岡なべ祭り」に参加し、
   ブラジルの家庭料理『ブラジル風トマトチキンスープ』と、ブラジルの牛肉串焼き『シュハスコ』を
   販売しました。
   小雨まじりのお天気でしたが、大勢のお客様に友の会のスープ&シュハスコを味わって頂くことができ、
   両日とも予定販売個数を完売! 本当にありがとうございました。


            無題3



                       無題2
                   


    なべ祭りへの出店の目的は、「チャリティー」です。
   不況の影響で、市内在住の日系ブラジル人の方々が職を失って困窮している。
   この現状に私たち友の会が出来ること・・・
     ①収益は、食料品や日用品の無料配布に充てること。
     ②市民の方に友の会の活動を周知して頂くこと。
   この二つが今回の大きな目的でした。

    なべ祭りで皆様に満足して頂けるスープを出すために、何回も何回もミーティングを重ねました。
   調理担当責任者は、お正月の間も試作品を何度も作り、家族からブーイングが出たとか・・・
   イベント当日に配布したチラシも、もちろんメンバーの手作りです。
   
    前日の仕込み、当日の販売、少人数でフル回転でした。
   皆様に「美味しいトマトチキンスープ&シュハスコを味わって頂きたい!」
   「友の会の活動を周知して頂きたい!」この想いだけの2日間でした。
   メンバーの想いがお客さまに通じたのか、友の会のコーナーの前は長蛇の列!
   ・・・感動しました (心で涙)
   当日までの苦労が「やってよかった!」に変わり、人の温かさをしみじみ感じました。

    最後になってしまいましたが・・・
   今回、志貴野ライオンズクラブ様の友の会へのご理解とご協力を頂き、
   友の会のコーナーを盛り上げ、お手伝いをして頂きました。
   友の会一同、心より感謝申し上げます。

    スープ&シュハスコをお買い上げ頂いた皆様の善意に感謝し、
   なべ祭りで頂いた収益は、生活に困っている日系ブラジル人の方への食料品や日用品の無料配布に
   充てさせて頂きます。



   ・・・人のお世話をして初めて気付くことたくさんありますね。
   疲れもすがすがしく感じます。

                     なべ7





  大雪の降る夜・・・友の会のミーテイング&第7回食料配布会がありました。

 木口会長から嬉しい報告が・・・
  ① 先日のスープパーティーに参加してくれた日系ブラジル人の方が、
    「たまご10個入り」を13パック寄付して下さいました。
    
     
     養鶏場にお勤めの方で、「自分が協力できることは何でもするよ!」と言ってくださっています。
    先日のパーティーのお礼として頂き、今日の食料支援の物品で皆さんに配布しました。


  ② 「あしながおじさん」から寄付金1万円を頂きました。    

    「友の会の活動に使ってほしい」と、名前を名乗らずに・・・
    高岡駅南の「コラソン・ド・ブラジル」(ブラジル料理店)に預けてくださったそうです。
    メンバー全員、胸が熱くなる思いでした。

    このページをご覧頂いていることを信じ、お礼申し上げたいと思います。
      
           「あしながおじさんの善意に、心より感謝申し上げます。」 友の会一同


                                 


     さて、来年早々に友の会はイベントに参加します。
     高岡市の新春恒例行事「日本海高岡なべ祭り」(1月9日・10日)に参加します。
      
       「ブラジル風トマトチキンスープ」もちろん、なべ券が使えます。
        あと、ブラジルの牛串焼き「シュハスコ」も一緒に販売します。


   なべ祭り出店の目的は、失業し困窮している日系ブラジル人を支援するためのチャリティ事業です。
  当日の収益金は、食料品および生活用品の無料配布に使わせていただきます。
  あわせて市民の皆さんに「富山日伯交流友の会」のボランティア活動を周知して頂こうと思っています。

   友の会の「ブラジル風トマトチキンスープ」は、ウィングウィング高岡「ご当地自慢鍋」のコーナーで
  販売します。
  この冬人気のトマト鍋!「ブラジル風トマトチキンスープ」とっても美味しいです。
  是非!是非!食べに来てくださいね。





代表 :木口 実

事務局:高岡市国際交流協会 933-0029 富山県高岡市御旅屋町101 オタヤセリオ7F

友の会へのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

take

Author:take
富山日伯交流友の会
blog 管理者 take

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。