富山日伯交流友の会

富山県高岡市を中心に活動している「富山日伯交流友の会」です。日本とブラジルの交流とボランティア活動をしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
  富山日伯交流友の会の活動が、新聞やテレビなどで紹介されています。

  1月10日(日)『あったか鍋味わって ブラジル家庭料理チャリティー販売』 (北日本新聞)

 ≪主な内容≫
   ウィングウィング高岡前では、不況のため生活が苦しい県内の日系ブラジル人を支援しようと
  「富山日伯交流友の会」(木口実会長)が、ブラジルの家庭料理のトマトスープや牛肉串焼きを
  販売するチャリティーイベントを実施した。

   同会は、日系ブラジル人に食料品や生活用品を配布したり、健康保険や雇用保険の手続きの仕方を
  紹介したポルトガル語のミニ新聞を発行するなどしている。

   この日は、会員ら約20名が志貴野ライオンズクラブ(宗玄清明会長)と協力し、販売や調理を担当。
  スープは『カウド・デ・ガリニア』と呼ばれる家庭料理で、トマト風味のスープに鶏肉やソーセージ
  などが入っている。

   木口会長は、「販売を通じ、日系ブラジル人の現状に対する市民の関心を高めたい」と話した。
 
   収益金は、配布する食料などの購入費に充てる。10日も販売する。
 

   *同日、富山新聞、朝日新聞にも同様の記事が掲載されました。





  1月 9日(土)『ブラジル家庭料理が高岡なべ祭りに登場』 (富山新聞)

  ≪主な内容≫
    高岡市内で9、10日に開かれる「第24回 日本海高岡なべ祭り」に、ブラジルの家庭料理である
   スープが登場する。
   富山日伯交流友の会と高岡志貴野ライオンズクラブが高岡に暮らす日系ブラジル人と協力して
   用意するもので、収益金は職を失った在日外国人のために使われる。高岡市東部公民館で8日夜、
   食材の下調理が行われ、本番に備えた。
   用意するのは「カンジャ・ジ・ガリンニャ」と呼ばれる家庭料理で、トマトベースのスープに鶏肉などの
   具材が入っている。
   竹串に牛肉を刺した「シュハスコ」も販売する。

    高岡に暮らす日系ブラジル人の雇用情勢が悪化する中、富山日伯交流友の会は失業した場合の
   手続きなどの情報を掲載したポルトガル語のミニ新聞を作成したり、食料を支援するなどしてきた。
   今回はなべ祭りに初出店することで活動をPRし、収益金を食品や日用品の無料配布に充てる。

    富山日伯交流友の会の木口実会長は「スープで心も体も温めたい」と話し、
   高岡志貴野ライオンズクラブの神嶋利夫幹事は「不況が続くが、支援の輪を広げたい」と語った。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tomonokai2009.blog38.fc2.com/tb.php/55-7629b6e8

代表 :木口 実

事務局:高岡市国際交流協会 933-0029 富山県高岡市御旅屋町101 オタヤセリオ7F

友の会へのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

take

Author:take
富山日伯交流友の会
blog 管理者 take

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。