富山日伯交流友の会

富山県高岡市を中心に活動している「富山日伯交流友の会」です。日本とブラジルの交流とボランティア活動をしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年10月23日(日)

友の会主催
 「在住外国人のための防災訓練」
を開催しました。
(参加者:22名)

晴天の日曜日、
9:00  高岡市役所出発、
最初に、福岡町にある 「防災センター」 を視察しました。
館内は、訓練の実施方法や資機材の活用方法について
「パネル展示」「DVD視聴」「資機材の展示・使用体験」などのコーナーを
見学することができます。
また、防災資機材や訓練場所等の貸出を行い、自主防災組織の活動を応援しています。

毛布と竹でタンカを作りました。
毛布と竹で短歌を作る

屋外備蓄資材
屋外備蓄資材

防災ビデオを視聴。
l_d9259e7d19189f2f7ac5ae5af2d8cc6ae821bd31.jpg

ふだんの対策として、避難場所、避難路の確認を家族で行うこと。
災害時、地域のみんなが協力し合うことが必要なので、近所付き合いも大切ということを学びました。

東日本大震災時には、当会も支援物資を送り、現地ボラティアにも参加しました。
活動紹介パネル
l_9714f384091721dafe88758968d8876e0cc14775.jpg



福岡町の「高岡市ふくおか総合文化センター(Uホール)」に移動し、
地元の食材で作られた 【ひとやすみ駅弁】 を皆で頂きました。
l_01d429ca0ee120a6ee1c4c04af3e2e61b26e9df2.jpg


午後は
『第5回夢を語る会&高岡の伝統工芸の製作体験』
 
です。

会長は、防災訓練の重要性を訴えました。
近年、全国で相次いでいる自然災害。
「富山は安全」と思っていますが、災害はいつ発生するかは分かりません。
また、参加者の一人は、日本の教育制度の中で子育てをした苦労を語り、
有意義な意見交換ができました。
l_8a0bd1bada72f507caa12da00dc38fb0a08006e7.jpg


『高岡市福岡町の菅笠作りを体験』
菅笠づくりは室町時代に遡るともいわれますが、
地場産業として本格的に定着したのは藩政期の中期以降で、
加賀藩の保護もあって飛躍的に生産を伸ばしました。
現在も福岡町の特産として全国シェアの90%以上が生産されており、
2009年(平成21年)には、「越中福岡の菅笠製作技術」として、
国の無形民俗文化財の指定を受けました。

「越中福岡の菅笠制作技術保存会」の皆さんのご指導で、
かわいいミニ菅笠を制作しました。
l_2cb6ad854a08ae919f5d3a124ec97555ae40788c.jpg

l_41754c00fa85e9335c7c1c3ced45ffb8ea1e2f48.jpg

l_44fc44fd3042834870514dd2813b633221aac536.jpg


最後に参加者代表から
「とても濃い内容の一日でした。友の会に感謝します。
このようなイベントにもっと多くのブラジル人が参加するよう願います。」
と、お礼の言葉を頂き、私たちもとても嬉しく思いました。

参加者の皆さん、ご協力して頂きました方々、ありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tomonokai2009.blog38.fc2.com/tb.php/168-2cfee065

代表 :木口 実

事務局:高岡市国際交流協会 933-0029 富山県高岡市御旅屋町101 オタヤセリオ7F

友の会へのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

take

Author:take
富山日伯交流友の会
blog 管理者 take

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。