富山日伯交流友の会

富山県高岡市を中心に活動している「富山日伯交流友の会」です。日本とブラジルの交流とボランティア活動をしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 11月23日(日)
富山日伯交流友の会は、市内在住の日系ブラジル人の方と市民の合同の
第3回「高岡再発見バスツアー」を開催しました。

今回は、伏木の古寺や市内の歴史資料館を見学し、
民謡踊りやミサンガ作りで、相互の文化を教え合いながら交流を深めました。
(参加者16人+スタッフ7人)

 最初は
『伏木の勝興寺』  
歴史ある浄土真宗のお寺を参拝しました。
境内の本堂や総門は重要文化財に指定されています。

                    寺


このお寺には、古くから七不思議が伝わっていて、
あいにくの雨にもかかわらず、ガイドさんの説明を聞き入ったり、
夢中でカメラに収めたりしていました。

                    銀杏

1.実ならずの銀杏
2.天から降った石
3.水の涸れない池
4.屋根を支える猿
5.魔除の柱
6.雲龍の硯
7.三葉の松


『伏木北前船資料館』 を見学しました。

                    資料館

高岡市伏木北前船資料館は、廻船問屋の町家である旧秋元家住宅を開放し、
伏木と周辺の村々の歴史、当時の水運の様子を紹介するほか、
古地図や引札、船主の生活道具など、貴重な資料を展示しています。
(1998年:高岡市指定文化財指定)

                                            

紅葉を眺めながら、二上万葉ラインを走り、
途中にある平和の塔で、大きな鐘をつきました。

                    平和の鐘2

                    会長も負けずに!

                    平和の鐘

                                                    

 午後は文化交流として、
富山県の民謡 「越中おわら節」 に合わせて
『民謡踊り』 を体験しました。

                    おわら

(赤い着物の女性は・・・
菅笠を取ると、友の会スタッフの娘さんでした ^^ )

ブラジルの皆さんからは
『ミサンガ作り』 を教えてもらいました。

                    ミサンガ

『夢を語る会』 では、
「高岡でブラジルデーを作りたい」 との意見が出たりと、
活発な意見交換の時間が持て、
私たちの今後の活動へヒントをもらえる充実した時間でした。

 最後は高岡古城公園内にある
『高岡市立博物館』 を見学。
友の会のメンバーでもある中尾副館長に
館内の説明をしてもらいました。

                    なかおさん



 第3回目となるバスツアー。
参加者の皆さんの笑顔や、「良かった」 と感想を頂き、嬉しい限りです。
郷土の歴史・民俗・伝統産業に関する資料展示館や、歴史ある古寺を訪れ、
高岡市で生まれ育った私たちも、改めて高岡の良さを実感できた一日となりました。

 最後になりましたが、
観光ボランティア: 比奈の会、おわら踊り指導: 豊丘会 の皆様に
ご協力を頂き、心から感謝申し上げます。

これからも、ブラジル人の方々に、高岡の魅力を感じていただけるよう、
活動していきたいと思います。

「高岡ちゃ、いいところやよ~」   



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tomonokai2009.blog38.fc2.com/tb.php/161-bddb4514

代表 :木口 実

事務局:高岡市国際交流協会 933-0029 富山県高岡市御旅屋町101 オタヤセリオ7F

友の会へのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

take

Author:take
富山日伯交流友の会
blog 管理者 take

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。