富山日伯交流友の会

富山県高岡市を中心に活動している「富山日伯交流友の会」です。日本とブラジルの交流とボランティア活動をしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 夜、ミーティングがありました。
来年度に向けての活動計画の打ち合わせと、支援に対する関わり方を話し合いました。

私たち友の会は、2008年秋に起こったリーマンショックで、職を失った市内在住のブラジル人や
日系ブラジル人を中心とした在日外国人の支援をするために結成し、
食料品の無料配布、衣類の支給、生活相談等、私たちが今できることを考え実践してきました。
ブラジルに帰国した人もいますが、高岡で頑張っている人も大勢います。
しかし、今でも職が不安定で生活に困っている人も多く、
先日「中学校に入学する子供の制服が買えない」と、相談されました。
こんな時が私たちの出番です。
いろんなネッワークを通じて制服を準備し、支援してあげたいと思っています。
でも、
『私たちが贈る制服への熱い想いも知ってほしい!』 
という当会長の想いに「さすが!」と感銘を受けました。

私たちは決して見返りを求めませんが、今住んでいる日本の伝統や文化を知り、道徳心を養い、
辛いことも乗り越え頑張って!という想いも「学生服」に込めて贈り、
勉強に励み有意義な学生生活を送ってもらいたいと思っています。
会長の 『学制服への熱い想い』 に 「知恩報恩」 という言葉を思い出しました。
  *「知恩報恩」 (恩を受けていることを知って、恩に報いること)

 
 ブラジル人を中心とした外国人の学習サポートを行うボランティアグループ「アレッセ高岡」も、
高校受験を控え最後の追い込みです。
活動も3年を迎え実績も出て来ましたし、子供たちへの支援は長期継続することに意味があり、
今後も息の長い活動になります。


 たとえ言葉が通じなくても、皆が手を取りあり、励まし合い、
敬いと感謝の心を持つことが大切なんだよね。
当たり前のことですが、日々に追われていると忘れそうになることを、
ミーティングを通して再確認しました。


暖かくなったら、友の会も活動開始です。
またお知らせしますね。 (^_-)-☆


                             久々の管理人のひとりごとでした (^^ゞ ・・・ by take



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tomonokai2009.blog38.fc2.com/tb.php/141-b420ab4b

代表 :木口 実

事務局:高岡市国際交流協会 933-0029 富山県高岡市御旅屋町101 オタヤセリオ7F

友の会へのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

take

Author:take
富山日伯交流友の会
blog 管理者 take

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。