富山日伯交流友の会

富山県高岡市を中心に活動している「富山日伯交流友の会」です。日本とブラジルの交流とボランティア活動をしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日時:5月20日(日) 13:30~17:00 
会場:高岡市ふれあい福祉センター多目的ホール
来場者:約120~130人

                 ツバメ1

                 ツバメ4


 この日、当会の支援している「高岡外国人の子どものことばと学力を考える会(アレッセ高岡)」と富山大学、
トヤマ・ヤポニカの主催で企画した
ドキュメンタリー上映会&トークイベント「“デカセギ”の子供たちの今」
に協力しました。

第一部は、デカセギでブラジルから日本に来た子供たちや日本で生まれ育った子供たちの現状を
リーマンショック前後に止む無く帰国した子供たちの様子などを綴ったドキュメンタリー映画
「孤独なツバメたち~デカセギの子どもに生まれて~」の上映。

第二部は、映画を元に映画の主人公となった子供たちを含めたパネルディスカッション。
トヤマ・ヤポニカ代表田上さん、映画をプロデュースした浜松学院大学津村教授、映画に出演した鈴木ユリさん、
マイノリティージャパンのパブロさん、富山大学小倉教授、高岡市役所二瓶さん、青木アレッセ代表のパネラーで
会場の意見もとりながら進め、活発な意見が終始飛び交っていました。


                 ツバメ5



*感じたこと・・・

彼らは国の政策や経済の動向で生活する場(国)を他動的に変えさせられ、居場所がありません。
これは、大きく深く悲しい問題です。
マイノリティーなブラジル人や外国人のコミュニティーを友の会が、子供たちの教育をアレッセが、
しきのソル・ナセンテが子供達に音楽でその居場所をつくり、支援していけたらと改めて感じたイベント参加でした。
子供達のスポーツ(サッカーやフットサル)チームを作り、体育会系の子供達の居場所もつくったらどうか・・・。
生き生きとした子供達の成長を応援していきたいと思います。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tomonokai2009.blog38.fc2.com/tb.php/128-90f7e29c

代表 :木口 実

事務局:高岡市国際交流協会 933-0029 富山県高岡市御旅屋町101 オタヤセリオ7F

友の会へのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

take

Author:take
富山日伯交流友の会
blog 管理者 take

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。