富山日伯交流友の会

富山県高岡市を中心に活動している「富山日伯交流友の会」です。日本とブラジルの交流とボランティア活動をしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 富山日伯交流友の会、2011年度の活動報告です。(教育関係)

富山日伯交流友の会は、子供たちの教育にも積極的に支援活動をしています。
友の会のメンバーでアレッセ高岡の代表・青木由香さんが、アレッセ高岡の現況と2011年度の活動報告を
してくれました。

「高岡外国人の子どものことばと学力を考える会」 (アレッセ高岡) は、
学習教室を開き、学習言語および各教科の学習支援を行うことで、それぞれの希望する高校への進学を
サポートしています。(2010年5月から学習教室を開講しています)


                 今は春色



 桜のつぼみも膨らみ、今年も、卒業・入学・進級の季節を無事に迎えることができました。
外国人の子どもの学習支援をしているアレッセでは、今年7名の受検生がおり、
4月5日現在、6名が希望した高校への進学を果たしました。
1名は4月半ばの受検に向けて、今もアレッセで頑張っています。

 日本語を母語としない子どもたちの学習・進学は非常に難しく、富山県では外国人の子どもの高校進学率は
推定3割と言われています。
幼いころに来日した彼らは大人に比べて流暢に日本語を話すため、「日本語<で>勉強する」という
壁にぶつかっていることになかなか気付いてもらえません。
アレッセでは、子どもたちに直接学習支援をすると同時に、この壁の存在をいろいろな方に知ってもらうための
活動を続けてきました。

 日伯交流友の会は、アレッセの立ち上げから全面的に協力してくれています。
様々なブラジルイベントや国際交流イベントでアレッセと協働し、アレッセのアピールにも尽力して
いただきました。
特に、1月の高岡日本海なべ祭りでは、ブラジルのトマトチキンスープを販売し、
その売り上げをアレッセ高岡の活動資金として寄付してくださいました。
友の会の支援なくしては、アレッセの活動=子どもたちの支援を、ここまで続けては来られませんでした。
子どもたちのためにも、アレッセはこれからも友の会と協力して活動していきたいと思っています。
新年度も、子どもたちの笑顔の花を咲かせるべく、頑張ります!

                                    アレッセ高岡代表・青木由香



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tomonokai2009.blog38.fc2.com/tb.php/123-62994443

代表 :木口 実

事務局:高岡市国際交流協会 933-0029 富山県高岡市御旅屋町101 オタヤセリオ7F

友の会へのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

take

Author:take
富山日伯交流友の会
blog 管理者 take

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。