富山日伯交流友の会

富山県高岡市を中心に活動している「富山日伯交流友の会」です。日本とブラジルの交流とボランティア活動をしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 夜、月に一度のミーティングがありました。
ミーティングに先立ち、難病と闘う中里・ダシルバ・ディビットくんに、
戸出七夕まつりでの活動収益金を贈りました。

            DVC00021 (2)


ご両親、友の会のメンバーが立ち会うなか、木口会長からディビットくんに贈られ、
とても喜んでくれました。
難病と闘うディビットくん、病状は今のところ落ち着いているようですが、
目が離せない状態は変わらず、ご両親も一生懸命に看病をされています。
一日も早く、元気になってね!
と、心から応援しています。


 皆さまから頂いた善意を贈ることができました。
本当にありがとうございました。
                   
                                         by.管理人take



(北日本新聞7月23日・朝刊に、当日の記事が掲載されました。)


スポンサーサイト
 夜、ミーティングがありました。
来年度に向けての活動計画の打ち合わせと、支援に対する関わり方を話し合いました。

私たち友の会は、2008年秋に起こったリーマンショックで、職を失った市内在住のブラジル人や
日系ブラジル人を中心とした在日外国人の支援をするために結成し、
食料品の無料配布、衣類の支給、生活相談等、私たちが今できることを考え実践してきました。
ブラジルに帰国した人もいますが、高岡で頑張っている人も大勢います。
しかし、今でも職が不安定で生活に困っている人も多く、
先日「中学校に入学する子供の制服が買えない」と、相談されました。
こんな時が私たちの出番です。
いろんなネッワークを通じて制服を準備し、支援してあげたいと思っています。
でも、
『私たちが贈る制服への熱い想いも知ってほしい!』 
という当会長の想いに「さすが!」と感銘を受けました。

私たちは決して見返りを求めませんが、今住んでいる日本の伝統や文化を知り、道徳心を養い、
辛いことも乗り越え頑張って!という想いも「学生服」に込めて贈り、
勉強に励み有意義な学生生活を送ってもらいたいと思っています。
会長の 『学制服への熱い想い』 に 「知恩報恩」 という言葉を思い出しました。
  *「知恩報恩」 (恩を受けていることを知って、恩に報いること)

 
 ブラジル人を中心とした外国人の学習サポートを行うボランティアグループ「アレッセ高岡」も、
高校受験を控え最後の追い込みです。
活動も3年を迎え実績も出て来ましたし、子供たちへの支援は長期継続することに意味があり、
今後も息の長い活動になります。


 たとえ言葉が通じなくても、皆が手を取りあり、励まし合い、
敬いと感謝の心を持つことが大切なんだよね。
当たり前のことですが、日々に追われていると忘れそうになることを、
ミーティングを通して再確認しました。


暖かくなったら、友の会も活動開始です。
またお知らせしますね。 (^_-)-☆


                             久々の管理人のひとりごとでした (^^ゞ ・・・ by take



 夜、ミーティングがありました。

まず、富山県主催の外国人住民サポート防災研修(友の会 協力)の報告がありました。
昨年の大震災以降、安全で暮らしやすい富山とはいえ、私たち日本人にとっても、
在日外国人の方にとっても、災害は他人事ではなくなりました。

今回の研修で見えてきた、
防災に対応できる人材の育成、多言語による情報の共有、核となるセンターの設置、等々。
急ぎ取り組まなくてはいけない課題です。

自然の前では無力な私たちです・・・。
もし言葉が分からなくても、手をつないであげて下さいね。
それだけでも安心できます。
宜しくお願いします。



                        DVC00005_20120828190750.jpg




残暑お見舞い申し上げます。

厳しい暑さが続きますね。
友の会メンバーも夏風邪が治らない。お盆に熱を出し寝ていた。等々、
調子を崩している人がいました。

ほんと、こうも暑いと元気無くなりますよね・・・。

水分補給、お部屋の温度管理、栄養価の高い食事、睡眠、休息。
当たり前のことですが、気をつけましょう。

『夏バテ』 にならないように!


*秋以降、友の会の活動が活発になりそうです。
 まずは9月15日のラテンフェステイバル!
 
 友の会のブラジルソーセージは美味しくてボリーューム満点です。
 ガッツリ食べて、歌って踊って、夏バテを吹き飛ばしましょ~ね~。



                             久しぶりの「管理人のひとりごと」by take でした。 (^^ゞ



 12月24日(土)クリスマスパーティーと、今年最後のミーティングがありました。


 2011年、いろんなことがありました。
2月のニュージーランドで発生した大地震では、富山市内の外国語専門学校の生徒さん達が被害に会い、
富山県民としてとても悲しい思いをしました。
3月の「東日本大震災」それに伴う「原発問題」で、日本の国・人の心が大きく揺れました。
直後には、友の会のメンバーも被災地で炊き出し等の支援を行いましたが、現地の様子は想像以上で、
言葉にならないと言っていました。
命・人生・家族・絆ということ、いろんなことを考えた1年だったと思います。
改めて、被災された方々に慎んでお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた多くの方々に
心からお悔やみ申し上げます。1日も早い復興を心よりお祈りしています。


 こうした状況にあっても、それでも私たちは生きて、暮らしを続けています。
大きな悲しみを乗り越えて、なんとか生きることへの希望を取り戻し、前を向いて歩きだしています。
その中で、次の時代を良くするために、友の会ができることは、地域を愛し、隣人を愛し、
未来の土台を作ることだと思っています。

『 言葉や文化や生活習慣が違っても、共生していけるようお手伝いをさせていただこう。』
友の会が発足した最初の趣旨です。

次代を担う子供たちが輝ける社会を作るため、日本で暮らす日本人も外国人も、全ての人が互いに
支え合いながら生きていけるように、これからも活動していきたいと思っています。
一年の最後に、若くて頼もしい子供たちとの交流で、私たちもたくさんエネルギーをもらえました。
小さな喜びが明日への糧になると信じましょう・・・。

 ゆく年に感謝し、新しく迎える年が幸せな一年となりますよう祈っています。
皆様、どうぞ良いお年を・・・




追伸:第26回 高岡なべ祭りのお知らせです。
   来年1月14日(土)15日(日)高岡なべまつりに出店します。
   人気の「トマトチキンスープ」是非ご賞味ください。
   友の会ブースは「ウィングウィング高岡」です。


                                        by 管理人 take
 夜、月に一度のミーティングがありました。
ブログ管理人takeは、久しぶりの出席・・・。
なので、「管理人のひとりごと」も久しぶりの更新。ご無沙汰しました。 スミマセン (^^ゞ


 9月17日(土)
富山環水公園で開催される「ラテンフェスティバル」に参加することが決まりました。
   ブラジルの牛肉の串焼き『シュハスコ』
   ブラジル風クレープ『ベイジュー』
を販売します。
シュハスコは高岡なべ祭りでも人気ですし、とっても美味しいです。
ベイジューは、食べたことがありませんが、タピオカ澱粉の粉をクレープ状に薄く焼き、
間にトッピングを挟み頂くのだそうです。
    ハム&チーズ味
    チョコレート味
    ミルクキャンディー味

甘いベイジューは絶対食べたいし、ハム&チーズはビールにも合いそうで、捨てがたい・・・。
どちらを食べよう・・・?
本番を前に真剣に悩んでしまいました。

ラテンフェスティバル・・・内容盛りだくさんで、かなり楽しめそうですよ。
詳細は、公式ブログでチェックしてみて下さい。 
→ ラテンフェスティバル in 富山  公式ブログ


                                         


 日本とブラジル。
日本人がブラジルに渡り、100年以上が経ちますが、
この秋、ブラジルで 「DIRTY HEARTS」 という映画が公開されます。
主演は伊原剛志さん、妻役は常盤貴子さん。

「DIRTY HEARTS」 は、ブラジルでベストセラーとなったフェルナンド・モライスの
「CORACOES SUJOS」 を原作に、気鋭の監督・ヴィセンテ・アモリンがメガホンを取った作品。
第2次世界大戦直後,ブラジルで暮らす日系人が、祖国の敗戦という事実を巡り、時代に翻弄される日系移民の
壮絶な姿を描いていた社会派作品で、18日からカナダで開催されるモントリオール世界映画祭に出品されます。
日本での公開は未定ということですが、是非、上映されることを心待ちにしたいと思います。

今を生きる私たち。
日本人もブラジル人も、共に暮らしていけるのは、先人の尽力があってこそ!
感謝しなくてはいけませんね。


 ラテンフェスティバル in 富山 は、深いつながりを感じながら、
盛り上がってほしいです。


                                        by 管理人 take

 夜、緊急のミーティングがありました。
議題は「東北関東大震災」について。
友の会が出来る支援について話し合いました。

まず、3月末に友の会メンバーの一人が、ボランティアで宮城県石巻に行った時の被災地の様子などを
語ってくれました。
テレビ等で報道されている通りだけど、まだまだ支援が行き届いていないとのこと・・・。
被災者の中には、避難所にも行けず、壊れた家で暮らしている人も多く、そんな方のために炊き出しを行い、
温かい豚汁や焼きそば、支援物資を1件1件回って届けたそうです。

そして・・・
友の会も現地での支援を行うことにしました。
まず、先遣隊として、友の会会長とメンバー、日系ブラジル人数名が4月16日~被災地に赴きます。
支援場所は宮城県石巻。
「NGOアジア子供の夢」(川渕映子代表)の“東北地震支援プロジェクト”に同行します。
ガソリンの給油制限で燃料確保が保証できないという状況ですが、週末の被災地支援を続けていこうと
決めました。

 その他、チャリティーイベントも企画しています。詳細は決まり次第お知らせします。

 日系ブラジル人の方たちは震災以降、雇用状況が悪化し失業者が急増しています。
部品の欠品等で工場や生産ラインが稼動しないことが理由です。
母国に帰る人も増えていますが、そんな時でも「力になりたい!」と、積極的に動いてくれる方も多く、
本当に感謝です。

 今、私たちが出来る支援活動。少しずつですが、動き始めています。
そして、一人一人が今を懸命に生きる事も、忘れてはいけませんね。

心に太陽を!

共に笑顔で前に進みましょう!




 夜、月に一度のミーティングがありました、
議題の中心は、やはり東北関東大震災について・・・。

 まず、地震発生直後から、木口会長の携帯電話が鳴りやまないとの事・・・。
県内外で暮らす在日外国人の方々をはじめ、多くの日系ブラジル人の方々が、木口会長を頼っています。
≪主な電話の内容≫
・大震災の現状把握の窓口として。
・富山では地震は起きないのか?という不安。
・中でも1番多いのが、「私たちにできることはないのか?』と言う支援の申し出だったそうです。

2008年秋のリーマンショック以降、日本で暮らすブラジル人や日系ブラジル人の雇用情勢が
悪化していました。
友の会は、何とか高岡で!日本で!頑張ってもらいたいと、困窮した生活の支援を続けてきました。
今回、その時に支援した日系ブラジル人の方々から、「あの時の恩返しをしたい!」と、支援を申し出て
くれました。
提供して頂いた支援物資は第1陣として、3月17日に氷見市の企業を通じ、被災地へ運ばれました。

お米、粉ミルク、紙おむつ、トイレットペーパー飲料水段ボール数箱、カップラーメンetc・・・
とにかく今必要なものばかり!
本当にありがとうございました。


 高岡市も、市民から支援物資の募集を開始しました。(詳細は高岡市のHPをご覧ください)
それに合わたせ支援の輪が、市内在住のブラジル人の方々に拡大しています。
ものすごく大きな輪になりそうです。

「恩返しがしたい」と、申し出てくれた事、、友の会メンバー一同本当に嬉しく思っています。
そして、世界中の国と地域の方々が、日本に支援をしてくれています。本当に有難いことです。
震災の支援は、先の長い話です。
友の会も、私たちができることを協議し、支援のお手伝いをさせて頂きます。

 悲しみに沈んでばかりいられません。被災地の方々はそれぞれの場所で懸命です。
早く支援物資が皆様のもとに充分にいきわたる様、被災地に祈り運びましょう。
そして、共に手をつなぎ、強く生きましょう。
遠く離れていても、気持ちはつながっていますよ! ねっ!




 夜、今年最初のミーティングがありました。
いよいよ来週に迫った「高岡なべ祭り」に向けての最終打ち合わせをしました。


   “2011年の出店テーマ”
      スープがつなぐ国際交流 
            ~一緒につくろう!あったかスープと心の輪~



この事業の目的は、高岡で暮らす外国人の子どもたちに高校や大学への進学を支援するためのチャリティ事業で、
収益金を学習支援教室「アレッセ高岡」に寄付します。
(アレッセ高岡については、2010年7月18日の管理人のひとりごとをご覧ください)

 遠い母国を離れ日本で教育を受けている外国人の子どもたちは、教育言語である日本語を習得するために
頑張っています。 
中でも来春高校受験を控えた中学3年生は必死で勉強しています。
富山県には、他県のように、言葉にハンディのある外国人に配慮した特別措置や特別枠等がありません。
富山に住む外国人の子語もたちにとって高校進学は、高い壁となっています。

 「子どもたちにハンディを乗り越えて夢に向かって歩んでほしい!」
これがアレッセ高岡が願っていることです。
しかし、現状は学校に行ってもついて行けない子どもたちが大勢います。
そんな子供たちに何とか日本の高等教育を受けさせてやりたいと、アレッセ高岡はブラジル人や
中国人の子供たちの学習指導を行っています。


 いつしか高岡と母国を結ぶ懸け橋となってくれる次代を担う子供たちのために・・・!!
友の会メンバー一同、熱い気持ちでなべ祭りに参加します。
今回は日系外国人(特にブラジル人)、外国人の子供やその家族に一緒に参加・協力してもらい、
コミュニケーションを深めたいと思っています。
しきのソル・ナセンテの皆さんにも協力して頂けるので、とっても力強い!

どうぞ、友の会の「トマトチキンスープ」を召し上がって下さいね。


                                    by 管理人 take





 夜、今年最後のミーティングがありました。
いよいよ、来年新春の高岡市恒例行事「高岡なべ祭り」に向けて準備開始です。
今日は、当日出店する「ブラジル風トマトチキンスープ」の試食会も兼ねました。
1年ぶりのトマトチキンスープ、やっぱり、美味しい!!! 自信作のスープです。 


   *第25回 日本海高岡なべ祭り*

      日時 : 2011年1月15日(土)・16日(日)
           10:00~16:00
      会場 : 高岡駅・ウィングウィング高岡・関野神社・高岡大和・等



私たち富山日伯交流友の会は、アレッセ高岡と共に、『第25回 日本海高岡なべ祭り』に出店します。

私たちのスープが、市民の皆さまの心と身体をあったかく出来るよう、
なべ祭り本番では、おいしいトマトチキンスープをお出ししますので、どうぞお越しくださいね。
今年の出店場所は、「高岡駅前」です。

なべ祭り、ワクワクしてきました。
 
                                     by 管理人 take
    





 富山日伯交流友の会は、アレッセ高岡と共に、
『第20回たかおか国際交流フェスタ』 に参加しました。


DVC00016.jpg


ブラジルブースでは、ブラジルのお菓子「ビスコイト・デ・ポウビリョ」
ガラナジュースを試食して頂きました。

DVC00018.jpg

「ビスコイト・デ・ポウビリョ」は、キャッサバ芋のタピオカ(デンプン)を焼いて作ります。
ブラジルではポピュラーなお菓子で、パン屋さんで良く売られています。



DVC00019.jpg



ブラジルの楽器のガンザやタンボリン、牧場で牛を集めるために吹く角笛ベハンチも展示しました。

DVC00003_20101121221235.jpg



あとは、クイズです。
『日本語になったポルトガル語』
(ブラジルの公用語はポルトガル語です)

1543年、ポルトガル人が種子島に漂着し鉄砲を日本に伝えました。
それが日本人と西洋人の初の出会いとなりその後多くの西洋の文化や習慣が伝わってきました。
その中で多くのポルトガル語が日本語に取り入れられて今日に至っても私たちは使用しています。

当日のクイズでは、7問以上正解の方にはブラジルのお菓子をプレゼントしました。

DVC00006_20101121221234.jpg


では、皆さんもチャレンジしてみて下さい。
問題は10問です。各問の①②③の中にポルトガル語が語源となる言葉がひとつあります。


1・①ファスナー   ②帯     ③ボタン

2・①トランプ    ②カルタ   ③花札(ハナフダ)
 
3・①スーツ     ②カッパ   ③ズボン

4・①チューリップ  ②サクラ   ③シクラメン

5・①カナヅチ    ②ノコギリ  ③ジョウロ

6・①緑茶      ②ジャスミン ③コカ・コーラ

7・①お墓      ②ミイラ    ③布団

8・①抱っこ     ②おんぶ   ③肩車

9・①桜木町     ②大門町   ③先斗町

10・①タバコ     ②ビール   ③ます寿司




どの言葉も私たち日本人が普段良く使っている言葉ばかりです。
改めて問われてみると考えちゃいますよね~ (^^ゞ
(答えは一番下に ↓ )


『その他にもこんな言葉が実はポルトガル語!』 (参考まで)
バナナ パン ビスケット キャラメル かぼちゃ サラダ トマト

カシミア コップ オアシス  オルガン サンバ ブランコ ベランダ

単位のセンチ・リットル・メートル・


『雑学 地名の先斗町について』   
京都に先斗町という町がありますが、先斗町のポントとは、ポルトガル語の『先端・点』と言う意味。
先斗町の地形が細長い町で、京都の東の端(ポント)にあり、そこにポルトガル人の宣教師が住んだことで
付いた地名

私たちの生活に溶け込んでいるポルトガル語です。
私も勉強になりました。 



                                        管理人 by take




クイズの答え 1-③ 2-② 3-② 4-③ 5-③ 6-② 7-② 8-② 9-③ 10-①


                                    

代表 :木口 実

事務局:高岡市国際交流協会 933-0029 富山県高岡市御旅屋町101 オタヤセリオ7F

友の会へのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

take

Author:take
富山日伯交流友の会
blog 管理者 take

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。