富山日伯交流友の会

富山県高岡市を中心に活動している「富山日伯交流友の会」です。日本とブラジルの交流とボランティア活動をしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 l_f81c0a7bb109fdf9b84065cd5be64316a726d7e9.jpg



富山日伯交流友の会は、
1月14日・15日に開催された第31回日本海高岡なべ祭りに参加し、
ブラジルの家庭で作られる温かい 『トマトチキンスープ(ガウド・デ・ガリンニャ)』 と
ブラジルの美味しいボリューム満点のソーセージ 『リングイッサ』 を販売しました。

13日(金)
なべ祭り前日の下準備には、アレッセ高岡の生徒達が参加してくれました。
たまねぎに涙しながら一生懸命に手伝ってくれました。

14(土)雪
悪天候にもかかわらず、リピーターの方々が数多く来店していただきました。

15(日)曇り時々雪、晴れ間も
二日目も大勢の方にお越しいただきました。
列がとぎれない時間帯があり、
準備が間に合わないかと心配しましたが、
お陰様でスープは目標数を完売!

今年は、エプロンとバンダナをブラジルカラーで統一しました。
メンバーのチームワークで材料と出し方を工夫して、
終始、安定した味を出せ提供することができました。

今年もありがとうございました。



スポンサーサイト
2016年10月23日(日)

友の会主催
 「在住外国人のための防災訓練」
を開催しました。
(参加者:22名)

晴天の日曜日、
9:00  高岡市役所出発、
最初に、福岡町にある 「防災センター」 を視察しました。
館内は、訓練の実施方法や資機材の活用方法について
「パネル展示」「DVD視聴」「資機材の展示・使用体験」などのコーナーを
見学することができます。
また、防災資機材や訓練場所等の貸出を行い、自主防災組織の活動を応援しています。

毛布と竹でタンカを作りました。
毛布と竹で短歌を作る

屋外備蓄資材
屋外備蓄資材

防災ビデオを視聴。
l_d9259e7d19189f2f7ac5ae5af2d8cc6ae821bd31.jpg

ふだんの対策として、避難場所、避難路の確認を家族で行うこと。
災害時、地域のみんなが協力し合うことが必要なので、近所付き合いも大切ということを学びました。

東日本大震災時には、当会も支援物資を送り、現地ボラティアにも参加しました。
活動紹介パネル
l_9714f384091721dafe88758968d8876e0cc14775.jpg



福岡町の「高岡市ふくおか総合文化センター(Uホール)」に移動し、
地元の食材で作られた 【ひとやすみ駅弁】 を皆で頂きました。
l_01d429ca0ee120a6ee1c4c04af3e2e61b26e9df2.jpg


午後は
『第5回夢を語る会&高岡の伝統工芸の製作体験』
 
です。

会長は、防災訓練の重要性を訴えました。
近年、全国で相次いでいる自然災害。
「富山は安全」と思っていますが、災害はいつ発生するかは分かりません。
また、参加者の一人は、日本の教育制度の中で子育てをした苦労を語り、
有意義な意見交換ができました。
l_8a0bd1bada72f507caa12da00dc38fb0a08006e7.jpg


『高岡市福岡町の菅笠作りを体験』
菅笠づくりは室町時代に遡るともいわれますが、
地場産業として本格的に定着したのは藩政期の中期以降で、
加賀藩の保護もあって飛躍的に生産を伸ばしました。
現在も福岡町の特産として全国シェアの90%以上が生産されており、
2009年(平成21年)には、「越中福岡の菅笠製作技術」として、
国の無形民俗文化財の指定を受けました。

「越中福岡の菅笠制作技術保存会」の皆さんのご指導で、
かわいいミニ菅笠を制作しました。
l_2cb6ad854a08ae919f5d3a124ec97555ae40788c.jpg

l_41754c00fa85e9335c7c1c3ced45ffb8ea1e2f48.jpg

l_44fc44fd3042834870514dd2813b633221aac536.jpg


最後に参加者代表から
「とても濃い内容の一日でした。友の会に感謝します。
このようなイベントにもっと多くのブラジル人が参加するよう願います。」
と、お礼の言葉を頂き、私たちもとても嬉しく思いました。

参加者の皆さん、ご協力して頂きました方々、ありがとうございました。




富山日伯交流友の会は、
1月9日・10日に開催された第30回日本海高岡なべ祭りに参加し、
ブラジルの家庭で作られる温かい 『トマトチキンスープ(ガウド・デ・ガリンニャ)』 と
ブラジルの美味しいボリューム満点のソーセージ 『リングイッサ』 を販売しました。


               l_cf133ae181d23850f7ecbe8d797a5ac003173e49.jpg


               l_b7c958062e068d917f830afa61b2c2e7684de1ab.jpg



 1日目:9(土)曇り時々晴れ
アレッセ高岡で学ぶ生徒さんたちが、勉強の合間に手伝いに来てくれました。
リングイッサは完売!
お天気にも恵まれ、
たくさんのお客様にトマトチキンスープを召し上がっていただけました。


 トマトチキンスープには、たくさんの具材が入っていますので、
前日に野菜を切る下準備をしています。
この作業にブラジルの方々も参加して手伝ってくれました。


 2日目:10(日)曇り時々雨
例年にも増して、多方面から「美味しい!」との声を頂けました。
お陰様で、トマトチキンスープは完売!
リングイッサも完売しました!


               l_31f0db3c17f6096191a15878c5fb37f9dd22dca7.jpg


回を重ねるごとに、味もチームワークも良くなってきているので、
準備も後片付けもとてもスムーズでした。
何より、
私たちスタッフが、年に一度のなべ祭りをとても楽しみにしているのです。

また来年もお待ちしています。




 12月6日(日)

友の会主催 「第4回 高岡を好きになろうバスツアー」を開催しました。
(参加者:27名)

晴天の日曜日、
9:20  高岡市役所出発、「御車山会館」を見学しました。

                  l_66448d04a65739bf54f62835cb371d3d62007ea2.jpg


毎年5月1日、高岡の街を御車が巡行します。
豊臣秀吉から譲り受けたと言われる御車山が、
高岡の街にどう伝わって来たかと車輪の実物を見る事が出来ました。

                  l_ab6cfc383263f9b6ef979273453715736607345f.jpg

その後、二階に上がり、地元の人もその高さからなかなか山を見る事が出来ない事を知り、
参加者は驚いて目を輝かせて眺めていました。

                  l_c73a6845094a51b8a157ec918db64174e79ce140.jpg



御車山の飾りの花が1つ1つ手作業で作られている事も、
関心して見ていました。



11:00  地場産センターに到着後、
「第4回 夢を語る会」で活発な意見交換がありました。


昼食後の 「日本茶教室(講師:藤岡由美先生)」 では、
日本茶の作法や茶葉の種類を教えて頂き、日本人の私たちも勉強になりました。
金粉入りのお茶や桜の香りのお茶など、色々と楽しみました。

                  l_43f9069b5e61b74d64efc6d77fdba88af2cc55d2.jpg


13:30  鋳物製作体験(ぐいのみ)

スズの鋳物体験は、型に砂を詰める作業が何回かあって、
子供も大人も夢中で楽しんでいました。

                  l_99b71b7790e09507d46ca59fdcd1cd0e3eab6327.jpg


                  l_83b79fc161ed8865254b46168fd8493c686d211b.jpg


小さなぐいのみを作るにも、大変な作業行程が沢山ある事を知り、
実感しながら自分の作品の仕上げに一生懸命でした。

スタッフも童心に帰って鋳物ぐいのみ作りをしていた様子で、
ものづくりはいくつになっても楽しいものだと感じました。
これからは、美味しいお酒をマイぐいのみで楽しめます。 (^-^)/

日本の文化と物作りの巧みな技を体感し、笑顔が絶えないバスツアーとなりました。
また一つ、高岡の魅力を再発見でき、住んでて良かった!
と思える旅となりました。

ブラジルの人たちに、これからも沢山紹介していきたいと思います。

参加者の皆さん、お世話になった講師の先生方、ありがとうございました。







11月8日(日)13:30~15:30
ふれあい福祉センターの203,204号室において
プラジル人15人を迎えて
第三回「外国人のための身近な防災訓練」を行いました。

最初に
高岡市消防署の長谷川様、水島様より
①意識のない人の救急措置
②圧迫式止血方法
③傷病者の応急的な搬送方法
の講習と実地訓練を行いました。

                    IMG_2156.jpg

                     l_5ed5cdff2ac1c6b5c12600d547a0b82a0b4a1753.jpg

意識のない人の救急措置は、
人形を使った心臓マッサージや人口呼吸を交代で体験し、
実践的な訓練を行いました。


次に
高岡市総務課危機管理室の久郷様、廣瀬様より
①地震に対する知識と対応方法
②避難場所での防災グッズになる
 便利なダンボールのベットや新聞紙スリッパなどの作り方
 を教えて戴きました。

                      IMG_2187.jpg

                      IMG_2189.jpg

                      IMG_2180.jpg

                      l_4127bcbe48ce5f909f2a1f9b33324a70cf8f4d23.jpg


ダンボールベッドは木口会長が寝てゴロゴロ転がっても
ビクともしない優れもので皆さん関心していました。

参加者は真剣に質問しながら、防災に対する知識を習得していました。
いざという時のために必要な情報と対処方法を学ぶことは、
いつ災害に遭遇するか分からない不安を少しでも解消できると思います。

訓練にご協力いただいた
高岡市消防署、高岡市総務課危機管理室の皆様に
心より御礼申し上げます。

お陰さまで、終始和やかな実のある訓練でした。




 富山日伯交流友の会は、今年も日本海高岡なべ祭りに出店し、
ブラジルの家庭で作られる温かい 『トマトチキンスープ(ガウド・デ・ガリンニャ)』 と
ブラジルの美味しいボリューム満点のソーセージ 『リングイッサ』 を販売しました。


                    l_8ab2ee956bf4f9e7138389c15326e6b59f81e764.jpg


お天気が心配される中、
初日の10日はみぞれ混じりの雨模様でスタートしました。


                     SA410084.jpg


 2日目の11日は朝のうち青空も見える天気でしたが、お昼頃に突風の吹く荒れ模様に急変!
しかし、悪天候にもかかわらず、お客様の長い行列ができる時間帯もありました。


                     l_72a9068517e2ee0ca83fc5131f661269dd1025d4.jpg


 雨や雪が降り出した時には、並んでくださったお客様に
『傘のチョイ貸しサービス』をしたところ、とても喜んで頂けました。
これはスタッフのアイディアで行った日伯ならではのサービス!
チョッとしたことですが、続けて行きたいと思いました。

今年のなべ祭りは、悪天候のせいか人出は少なく、
友の会が出店しているウイング広場の賑わいは例年よりありませんでしたが、
リピーターさんや、大きい鍋を持って来てまとめ買いしてくださる方の姿もあり、
友の会のトマトチキンスープが、なべ祭りの定番となってきたことを実感し嬉しく思いました。

寒い2日間でしたが、トマトチキンスープを味わって頂け、
友の会一同、心より感謝申し上げます。




 富山日伯交流友の会は、1月10日・11日に開催される第29回日本海高岡なべ祭りに参加し、
ブラジルの家庭で作られる温かい 『トマトチキンスープ(ガウド・デ・ガリンニャ)』 と
ブラジルの美味しいボリューム満点のソーセージ 『リングイッサ』 を販売します。


 

   *第29回 日本海高岡なべ祭り* 

         日時:2015年1月10日(土)・11日(日)
             11:00~16:00
         会場:高岡駅・ウィングウィング高岡・関野神社・高岡大和・等
         
         “友の会・出店のテーマ”
               スープがつなぐ国際交流
                     ~一緒につくろう!あったかスープと心の輪~ 

この事業は次の事を目的としています。
 ①2日間の収益金を外国人のための学習支援教室「アレッセ高岡」へ運営資金として寄付。
 ②このイベントのスープ作りや販売を通して外国人と日本人の市民的交流。
 ③富山日伯交流友の会、外国人のための学習支援教室「アレッセ高岡」」の活動PR。

 
 ≪今年も出店しますよ!!!≫
    高岡なべ祭り人気のスープ 
            『ブラジル風トマトチキンスープ&ブラジルソーセージ』
  

  *販売場所 ウィング ウィング 高岡
  *販売商品 「ブラジル風トマトチキンスープ」(なべ券が使用できます)    ¥300
          「リングイッサ」 ジューシーなブラジルのソーセージ     1本¥500
             
   
どうぞ気軽にお立ち寄りいただき、ブラジルの家庭料理「トマト・チキンスープ」をお楽しみ下さい。


   なお、当日は出来るだけ公共交通機関をご利用下さい。



11月29日
とやま国際センター創立30周年記念式典が開かれました。
とやま国際草の根交流賞の表彰式もあり、
第19回目の今回、『アレッセ高岡』が.団体の部で受賞しました。
(昨年は、友の会の木口会長が個人の部で受賞しています。)


                l_fe07544274ad8c029ab72ba29b327b3675d59800.jpg


同センター理事長の石井知事は、
「北陸新幹線が開業すれば外国の方も大勢富山にやって来る。
センターもいっそう大きな役割を担わなければならない」と挨拶されました。

12月20日
受賞を記念し、アレッセ高岡で学ぶ生徒、講師、友の会のメンバー、約20人が出席して
お祝い会が催されました。
友の会のメンバーでもある青木由香・アレッセ高岡代表は
「5年弱、細々とながらアレッセの活動(外国人生徒への学習支援)を続けて来られたのは、
なんといっても、友の会のみなさんのお力添えのお陰です。
アレッセだけでなく、友の会も一緒に受賞したと言ってよいと思います。
本当にありがとうございました」と・・・。

木口会長は、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの言葉を引用し、
学ぶことの大切さを語りました。
手作りの大きなケーキも皆で頂き、和やかなパーティーでした。

               l_54166d28e9d46ef062d74e26c3eaad1460d292dd.jpg


 青木代表の勇気と行動の積み重ねが認められた結果です。
芽が出て膨らみました。
これから大きな花を咲かせてくださいね。

 11月23日(日)
富山日伯交流友の会は、市内在住の日系ブラジル人の方と市民の合同の
第3回「高岡再発見バスツアー」を開催しました。

今回は、伏木の古寺や市内の歴史資料館を見学し、
民謡踊りやミサンガ作りで、相互の文化を教え合いながら交流を深めました。
(参加者16人+スタッフ7人)

 最初は
『伏木の勝興寺』  
歴史ある浄土真宗のお寺を参拝しました。
境内の本堂や総門は重要文化財に指定されています。

                    寺


このお寺には、古くから七不思議が伝わっていて、
あいにくの雨にもかかわらず、ガイドさんの説明を聞き入ったり、
夢中でカメラに収めたりしていました。

                    銀杏

1.実ならずの銀杏
2.天から降った石
3.水の涸れない池
4.屋根を支える猿
5.魔除の柱
6.雲龍の硯
7.三葉の松


『伏木北前船資料館』 を見学しました。

                    資料館

高岡市伏木北前船資料館は、廻船問屋の町家である旧秋元家住宅を開放し、
伏木と周辺の村々の歴史、当時の水運の様子を紹介するほか、
古地図や引札、船主の生活道具など、貴重な資料を展示しています。
(1998年:高岡市指定文化財指定)

                                            

紅葉を眺めながら、二上万葉ラインを走り、
途中にある平和の塔で、大きな鐘をつきました。

                    平和の鐘2

                    会長も負けずに!

                    平和の鐘

                                                    

 午後は文化交流として、
富山県の民謡 「越中おわら節」 に合わせて
『民謡踊り』 を体験しました。

                    おわら

(赤い着物の女性は・・・
菅笠を取ると、友の会スタッフの娘さんでした ^^ )

ブラジルの皆さんからは
『ミサンガ作り』 を教えてもらいました。

                    ミサンガ

『夢を語る会』 では、
「高岡でブラジルデーを作りたい」 との意見が出たりと、
活発な意見交換の時間が持て、
私たちの今後の活動へヒントをもらえる充実した時間でした。

 最後は高岡古城公園内にある
『高岡市立博物館』 を見学。
友の会のメンバーでもある中尾副館長に
館内の説明をしてもらいました。

                    なかおさん



 第3回目となるバスツアー。
参加者の皆さんの笑顔や、「良かった」 と感想を頂き、嬉しい限りです。
郷土の歴史・民俗・伝統産業に関する資料展示館や、歴史ある古寺を訪れ、
高岡市で生まれ育った私たちも、改めて高岡の良さを実感できた一日となりました。

 最後になりましたが、
観光ボランティア: 比奈の会、おわら踊り指導: 豊丘会 の皆様に
ご協力を頂き、心から感謝申し上げます。

これからも、ブラジル人の方々に、高岡の魅力を感じていただけるよう、
活動していきたいと思います。

「高岡ちゃ、いいところやよ~」   



富山日伯交流友の会の活動が、新聞やテレビなどで紹介されています。

2014.11.24
『 ブラジル人と高岡ぐるり 』
~富山日伯交流友の会 互いの文化に理解~ (北日本新聞)

≪主な内容≫
 日本とブラジルの住民交流に取り組んでいる富山日伯交流友の会(木口実会長)は23日、
県内在住ブラジル人を対象にしたバスツアー「高岡の歴史探訪と日伯伝統芸交流」を開催した。
ブラジル人と日本人の住民ら約30人が高岡市内の名所・史跡を巡り、歴史と文化に理解を深めた。
 一行は高岡市役所を出発し、勝興寺や伏木北前船資料館で高岡の歴史を学んだ後、
二上山万葉ライン沿いにある大梵鐘(ぼんしょう)「平和の鐘」を見学。
巨大な鐘に一様に驚いた様子で、思い思いに鐘を打ち鳴らした。
二上山は紅葉が見頃を迎えており、参加者は写真に収めるなどして美しい自然を楽しんでいた。
 市ふれあい福祉センター(博労本町)では、日本の民謡や踊りを体験。
ブラジルのミサンガ作りも行い、相互の文化を教え合いながら交流を深めた。



代表 :木口 実

事務局:高岡市国際交流協会 933-0029 富山県高岡市御旅屋町101 オタヤセリオ7F

友の会へのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

take

Author:take
富山日伯交流友の会
blog 管理者 take

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。